BLOG

S.M.A6日目 未来は、いくらでも変えられる。

S.M.Aレポート目次

S.M.A1日目ソロプレナ・マスターマインド・アカデミーに入塾しました
S.M.A2日目 S.M.A2日目を終えて
S.M.A3日目 涙が溢れた帰り道
S.M.A4日目 他人のお墨付きをもらおうとするのはもう、やめよう
S.M.A5日目 価格の本当の意味
S.M.A6日目 未来は、いくらでも変えられる

お客様の潜在的なニーズを引き出すクロージングトーク

S.M.A6日目のレポートです。

5日目の宿題は<2017年度の年商を先に決める>というものでした。
いくら稼ぎたいのかを先に決める、のです。

ではどうやってその売り上げをつくるのか?
お客様に価値を提供して購入していただくための真髄を教えていただきました。

潜在的なニーズを引き出すクロージングトーク 7つのステップ

相手がまだ気づいていない欲望に気づかせてあげて、
それが実現する未来像をありありと想像して「欲しい!」と思ってもらい、
不安要素をその場で解決し、サービスを購入してもらう。

<潜在的なニーズを引き出すクロージングトーク 7つのステップ>
を教えていただきました。

  1. 徹底的なヒアリング(現在地の確認)
  2. お客様の要望を掘り下げる
  3. お客様の要望を整理し、相手に認識させる
  4. お客様のメリット(理想の未来)の提示
  5. 技術的な裏付けの提示
  6. お客様にぴったりな商品やサービスの提案
  7. お客様の「やらない理由」をその場で解決する

文面だけを見ると、表面的なクロージングテクニックに見えるかもしれません。
でも、本当に大切なことは<自分自身をクロージングできている>ということ。

自分の商品を、心の底から100%の自信を持って勧められること。
自分へのクロージングは<覚悟>がないとできるものではないのです。

また、「売り手」「買い手」「クロージング」ではなく、
一緒に未来を創っていく<オープニング>なのだと、
概念の捉え方を変えてみるということも教えていただきました。

人間は自分の本当の欲望にはほとんど気付けていない

以前「編集ライター養成講座」で博報堂ケトルの嶋浩一郎氏に教えていただいた、
<インサイト>に関するエピソードを思い出しました。

欲望とは自在するものではなく、
それを満たすものが目の前に出現したときに発動するものである。

人間は自分の本当の欲望にはほとんど気付けていない。
目の前に差し出されて初めて、それが欲しいと気が付く。

例えば、目の前にiPhoneがあればそれを欲しいと思う人は多い。
でも、そもそもiPhoneの存在を知らなければiPhoneが欲しいとは思わない。

・・・

すでに顕在化された「気づいている欲望」を満たすものに対して、
人はそれほどロイヤリティーは感じない。

まだ自分でも知らなかった欲望を言語化して気づかせてくれる、
新しい価値を提供してくれる人に対して、強いロイヤリティーを感じるものなのだ。

ぼんやりと生きていては絶対にわからない。

自分の頭で考え抜いて、
自分の旗をちゃんと立てて生きていないと、
とうてい到達することのできない領域なのだと思います。

2017年度の年商を先に決める

5日目の宿題は<2017年度の年商を先に決める>というものでした。

決めた年商と、
その年商を達成するためにブレイクダウンした具体的な方法や金額を、
全員の前に立って宣言しました。

皆が真剣で暖かな視線を送りながら、それぞれの発表を聞きました。

受講生として着席して見ていた景色と、
講師側の席に立ち55人の前でマイクを手にして見た景色は、
同じ教室なのにまったくの別物でした。

こんなにすぐ目の前にあるのに、今まで知らなかった景色でした。

新しい人生の船出

恐れを超えて怖いと思うことに挑戦していくと、
世界はひとつひとつ拡張されていく。

ジョンさんが発する言葉は芸術的な美しさを持ち、
今まで見たことのない世界をたくさん教えていただきました。

また、実歩さんの力強く温かくエネルギー溢れる言葉から、
本当に多くの勇気をいただいきました。

 

長いようで一瞬だった、30時間、30日間。
卒業ではなく、終わりではなく、新しい幕開けです!

S.M.Aレポート目次

S.M.A1日目ソロプレナ・マスターマインド・アカデミーに入塾しました
S.M.A2日目 S.M.A2日目を終えて
S.M.A3日目 涙が溢れた帰り道
S.M.A4日目 他人のお墨付きをもらおうとするのはもう、やめよう
S.M.A5日目 価格の本当の意味
S.M.A6日目 未来は、いくらでも変えられる

関連記事

PAGE TOP