BLOG

ソロプレナ・マスターマインド・アカデミー(SMA)に入塾しました

S.M.Aレポート目次

S.M.A1日目ソロプレナ・マスターマインド・アカデミーに入塾しました
S.M.A2日目 S.M.A2日目を終えて
S.M.A3日目 涙が溢れた帰り道
S.M.A4日目 他人のお墨付きをもらおうとするのはもう、やめよう
S.M.A5日目 価格の本当の意味
S.M.A6日目 未来は、いくらでも変えられる

ジョン・キムさん、鈴木実歩さんのソロプレナ・マスターマインド・アカデミー(S.M.A)に入塾しました。

どうしてそのサービスに申し込もうと思ったのか?

広告業界やネット通販などの<売る>側の経験が長いせいか
自分が商品やサービスを購入する側になる時には、
<どうしてそれを購入したのか?>
を意識して考えるようにしています。

そして、実際に購入にいたるまでには
どんなステップを経て、どんな心の動きがあったかも
自分の動きをみています。

たとえ衝動買いだったとしても
どんなところにその欲しいというスイッチを押すものがあったのかな?
と考えています。

S.M.Aに参加するために、非常に勇気のいる金額を投資しました。

私がS.M.Aに申し込んだ(サービスを購入した)のは
<豊かな未来>に行きたかったから

この金額は行きたい世界へのチケット代金だ!
と感じたから、信じたから、
会ったこともない人の高額セミナーに申し込んだのだと思います。

もちろん、たまたま見かけて衝動的に申し込んだのではありません。

882e8d5466dc8af0703ac2cbfe50ab44-900x396

日頃から、
鈴木実歩さんのフェイスブックやブログ、ホームページでの発信を見ていて、
いつか会ってみたいという想いがどんどん募っていったから。

そして鈴木実歩さんの投稿からJohnKimさんを知り、出版された本を読み、
いつか会ってみたいと思っていて。
このお二人が大阪で開催されたソロプレナ・マスターマインド・アカデミー(S.M.A)の1DAY講座の動画を見て、深く感動して納得したからです。

 

そして、
豊かな未来を創っていける自分になれる!
と信じたかったから。

40代の専業主婦からの起業でも
遅すぎることはないのだと。

自分の未来に投資したかったのだと思います。

まずは自分が与える側になること

講座の中では、大切な事をたくさん教えていただきました。

その中でも、特に心に響いたのは、
まずは自分が与える側になる!ということ。
そう決める事。

与えて欲しいことを先に与えること。
そうすればそれは自分にかえってくるのだということでした。

「稼ぐ」=お客様に価値を提供するということ

ソロプレナとは、生き方・働き方の新しい概念。
ソロプレナで稼ぐとは、
お客様に価値を提供して、その対価としてしっかりお金をいただくこと。

お客さまが心の深いところで何を望んでいるのかを考え
未来をちゃんと見せてあげる。

つまりは、
提供する側がしっかり満たされていないと
そんなことはできないということ。

だからこそ、
自分を幸せに満たすことも大切だということ。

自分の欲望に素直に目を向ける勇気

勇気を出して宣言します。
私は、豊かになりたいのです。

精神的な自由だけでなく
経済的な自由も得たいのです。

30代の私は本当にひどい状態でした。
離婚したり、
脳梗塞になったり、
リストラされたり、
お金もなかったし、
起業したけど諦めてしまったり。

だから、穏やかに暮らせている今の暮らしは
とても心地がよくて満たされていると思っています。

病気になる前には気がつかなかった
ごくごくささやかな事にも、
ありがたいことなだなあと
じんわり感謝の気持ちが溢れて涙がでます。

でも、心のもっと奥では
まだ見た事のない世界を見に行きたい!
もっと成長していきたい!
そう望んでいるのです。

そして、それは、
この現実の世界では
それを手にするためには、
つまりはお金もとっても大切なのです。

上の写真は、講座中、ワークをしている私。
「自分が買いたいと思うセミナー」
「あなたが売りたいと思うセミナー」を考えるワークをしています。

ワークの続きは宿題となり、
昨日の夜9時までにfacebookグループに投稿しました。

今日(2日目)の授業では
このワークを掘り下げていく内容もあるそうです。

2日目の今日はどんなお話が聞けるのか
とても楽しみです!

S.M.Aレポート目次

S.M.A1日目ソロプレナ・マスターマインド・アカデミーに入塾しました
S.M.A2日目 S.M.A2日目を終えて
S.M.A3日目 涙が溢れた帰り道
S.M.A4日目 他人のお墨付きをもらおうとするのはもう、やめよう
S.M.A5日目 価格の本当の意味
S.M.A6日目 未来は、いくらでも変えられる

関連記事

PAGE TOP