BLOG

32年間知らなかった母の癌。

もうすぐ母が大きな手術をします。
これからの人生を良くするための前向きな選択です。

主治医の先生との手術の説明や問診のやりとりの中で、
私は母がかつて癌だったことを知りました。

びっくりして椅子から落ちそうになりました^^;

私が小学生だった頃、
母が胃の手術で2ヶ月半ほど入院していたことがありましたが
父からは胃潰瘍だと聞いていました。
母も30年以上ずーっと胃潰瘍だと思っていました。

「あれ、胃がんだったらしいのよ。
お父さんずっと内緒にしてたから、聞いてびっくりしたわー」と笑う母。

「あの頃はほんま大変やったなあ。寝れんかったわ。
長い人生には、いろんなことがあるもんやで」と笑いながら話す父。

父は当時、毎日のようにお寺や山にお参りに行っていてくれたそうです。

父はあっけらかんと話すけど
私は泣きそうで。

 

私の子供時代のほとんどは誰かが病気で入院していて
実家は商売で忙しくて。
私はワガママで父や母を困らせてばかり。

反抗期のど真ん中だった私は
母にひどい態度をすることもしょっちゅうで、
「もっとお母さんを大事にしてくれ!」と
父にひどく怒られた。

あれは、そういうことだったのか・・・

一人になるといろんな感情が溢れてきて
涙がボロボロ止まりませんでした。

160721_2189

かつての病気のことを笑って話せている光景は
32年前の父には夢のような眩しい未来なのかもしれない。

英語のプレゼントは<今、現在、存在している>という言葉。
そして、贈り物という意味も。

今、存在していることはプレゼントだなあ、と
じんわり暖かい気持ちになりました。

年齢ですかね。
涙もろくて困ります(*´ェ`*)

関連記事

  1. ひとり起業
  2. フォトスタイリング準1級
PAGE TOP