BLOG

はじめての確定申告

はじめての確定申告こそ税理士さんにお願いするのがおすすめな理由

青色申告は簿記の知識がないと難しい・・・

はじめての確定申告
初めての青色申告でしたが、税理士さんに依頼したおかげでサクッと終わることができました。はじめての確定申告こそ税理士さんにお願いするのがおすすめな理由と、その経緯をまとめてみました。

税務署の「記帳説明会」や本で情報収集

「65万円の控除が受けられるから青色申告の方がオトク♪」と単純な理由から、開業届と同時に青色申告の申請をしていました。税務署の記帳説明会に参加して、かなり大変そうだということがわかってきました。

青色申告のメリットは、正規の簿記の原則に従って記帳し、その基調に基づいて作成した貸借対照表と損益計算書を申告期限内に確定申告書に添付して申告すれば、最高65万円を所得金額から控除することができる、というものです。つまり、複雑な「複式簿記」で帳簿作成をすれば合法的な節税ができますよ、ということ。

「複式簿記」は簿記の知識がない素人にはかなり難しいものです。フリーランス向けの経理の実用書を読んで自習もしましたが、それだけでは青色確定申告の書類作成はできそうにありません。売上と経費を申告するだけ、といった単純なものではないんですね。甘く考えていました∑(゜∀゜)

商工会議所主催の「税務相談会」に参加

はじめての確定申告
さてどうしたものか?と困っていたところ、高槻商工会議所からのメールマガジンに「税務相談会」のお知らせが! 開業したばかりで売上もごく少ないのに税理士さんに相談するなんて時期尚早では?と恐縮しつつ、せっかくの機会なので利用しました。

お客様とのやりとりの中で生じた疑問点や、個人事業主が夫の扶養でいられる範囲、経費として認められるものについてなど、質問したい内容はあらかじめノートにまとめていきました。

私の用意していった質問にテキパキと明確に答えてくださった後、いろいろな税金や経理のアドバイスをしてくださいました。

確定申告書作成を税理士さんに依頼することに

仕事柄、お金の流れはシンプルなので確定申告もシンプルなものだと勘違いしていました。会計や簿記の知識もなく、会計ソフトの用意もなしに青色申告なんてあまりにも無謀ですが、無謀だということすらわかっていませんでした。知らないってコワイです^^;

秋に開業したばかりで売上や経費も少ないですが、だんだん自分の状況がわかってきて、確定申告書作成をお願いすることにしました。

「今年の確定申告用に記帳のベースとなるものを作成しますので、来年は会計ソフトを使ってご自身でされるといいですよ」
「将来の黒字に向けて、今のうちに赤字の貯金をし、将来の節税に備えましょう!」

とても心強い言葉をかけてくださり、ありがたかったです。
お金から目をそらさず、ちゃんと向き合おうと思いました。

はじめての確定申告こそ税理士さんにお願いするのがおすすめな理由

「お金」について考えるキッカケになる

「帳簿をつけるのは、税務署に提出するためだけではないんですよ。自分のためなんですよ」と教えていただき、あらためて経費やお金の計算をしてみると・・・否が応でもお金に向き合わざるを得ません。

今年は仕事で使うパソコンやカメラも買い替えたいし、去年の赤字の繰り越しやら、あれやこれやとあるので経理面では赤字かな?と思いますが、ちゃんとお金と向き合っていきたいと思いました。

さっくり終わらせることができるので、経費も時間も有効利用

お願いしてから、数回のメールのやりとりで申告書作成から電子申告までをやっていただきました。
こちら側の作業は、経費をまとめたエクセルデータと必要な書類の写メをメールで添付したことくらいでした。

もしかしたら、本やインターネットで調べまくって税務署にも足を運んで、大きな労力を注げば、自分の手でも最低限度のものはできたかもしれません。でも、ものすごく時間とストレスがかかっていただろうなと思います。

固定資産税や家屋の減価償却など自分ではとても手をつけないだろうなという項目にまで配慮してくださり、来年に作業しやすいようなひな形を作成いただきました。

初年度にしっかりしたひな形を作っておけば、来年度からは自分でスムーズに確定申告ができるようになり、結果的に経費も時間も有効利用できるのではないかな?と思いました。

お願いしてホントに良かったなと思っています。

菅原英子税理士事務所

関連記事

  1. ブラーバラボ
  2. フォトスタイリング準1級
PAGE TOP